global-icon

リーダーシップ

私たちの世界クラスのリーダーシップチームは、革新的で戦略的なリーダーで構成されており、細胞および遺伝子治療の製造の限界を押し広げ、クライアントにより良いサービスを提供し、世界中の患者様に治療薬を供給しています。

 

マネージメントストラテジックカウンシル

マネージメントストラテジックカウンシルのリーダーは、当事業の事業部長を始め、お客様とともに活動している各国のエグゼクティブリーダーで構成されている。

グローバルファンクショナルチーム

グローバルファンクショナルチームのメンバーは、当社の全地域を連携するグローバルファンクションのメンバーで構成されている。

坂東博人(Ph.D./MBA)

昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部 事業部長、Minaris Regenerative Medicine Co, Ltd.(日本) CEO 及びMinaris Regenerative Medicine, LLC (北米) CEO

坂東博人(Ph.D)は、昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部 事業部長であり、Minaris Regenerative Medicine Co, Ltd.(日本) CEO 及びMinaris Regenerative Medicine, LLC (北米) CEOを務めています。 製薬業界で20年以上の実務経験を有しており、当社には2020年11月に入社し、グローバル事業開発活動と事業戦略開発のコーディネートを担当しています。2021年8月よりMinaris (日本)のCEOに就任しました。前職の富士フィルムでは医薬部門シニアマネージャーとして自社保有技術を用いた受託製造事業の立ち上げを担い、更に前職は武田薬品工業株式会社で22年近くのキャリアを積み、2016年から2018年にかけて同社再生医療ユニットのシニアディレクターおよびCell manufacturing strategyのグローバルヘッドなど様々な責務を果たしてきました。また、AMEDから資金提供を受けた多能性幹細胞安全性評価委員会の委員長を務めた経験もあります。京都大学でPh.D.(薬学)を取得。テキサス大学薬学部で博士研究員を務めました。大前研一経営大学院でMBAを取得しています。

Dusan Kosijer

グローバルCFO 兼 CEO (ドイツ)

Dusanは、グローバル最高財務責任者(CFO) 兼、Minaris Regenerative Medicine GmbHのCEOです。ドイツのフランクフルト近郊に本社を置く開発業務受託機関(CRO)であるAccovion GmbHのCFOを歴任し、当社では2016年からドイツのCFOに就任。2020年からMinaris Regenerative Medicine GmbHのマネージングディレクターを務めていました。また、トレーニングを受けた公認管理会計士であり、ヘルスケア分野で15年以上の実務経験を有しています。

Jo Anne Valentino

COO(北米)

Jo Anne Valentinoは、Minaris Regenerative Medicine, LLCのCOOであり、20年以上の経験を持つ熟練したシニアリーダーです。

2019年1月の同社入社後、Jo Anneは昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部 品質保証グローバルヘッド兼、Minaris Regenerative Medicine, LLCの副社長を務めました。Jo Anneは、M & Aによる企業統合などの難しいコンプライアンス環境でグローバル品質責任者として、同社のグローバル品質統合戦略の策定と実行を主導し、2021年10月、Minaris Regenerative Medicine, LLCのCOOに任命されました。この職務として、米国のすべての製法開発および製造業務を監督する責任を負っています。また、Jo Anneは、商業化、施設拡大、インフラへの投資など組織の変革と成長を統括する責任を担っています。当社のグローバルストラテジックカウンシルのメンバーとして、グローバルファンクションチームと協力して、グローバル拠点の連携の確保に努めています。

Jo Anneは、7年以上にわたりノバルティスで勤務していました。直近では、南北アメリカ地域の外部供給業務の品質責任者、エグゼクティブディレクターを務めていました。

ノバルティス以前は、Merck、Schering-Ploughでオペレーションと品質関連業務に従事し、Reckitt Benckiserでは製品とプロセス開発において指導的立場にありました。

スティーブンス工科大学でM.D(経営学)を取得しています。

Luz Rodgers

People & Organizational Developmentヘッド

Luz RodgersはMinaris Regenerative Medicine, LLCのPeople & Organizational Developmentヘッドです。Luzは経験豊富な人事ビジネスリーダーであり、グローバルな組織開発、従業員との関係性とタレントマネジメントを軸に社内のビジネスパートナーシップに強い焦点を当てて業務遂行を行っています。LuzはHitachi Chemical Advanced Therapeutics Solutions, LLC(現Minaris Regenerative Medicine, LLC)との契約支援の後、2018年9月に人事部シニアディレクターとして同社に入社。2021年4月、People & Organizational Developmentヘッドに就任しました。役割としては、人事、人材開発、社員のエンゲージメントに対して管理・監督します。彼女は、北米地域のシニアリーダーシップのみならず、グローバルな視点で従業員の定着率向上、ダイバーシティ&インクルージョン、後継者計画などの人事施策に関する調整を行っています。25年以上にわたるHRでの経験をMinaris Regenerative Medicineにもたらしてくれます。直近では、ノバルティスで人事担当ディレクター・ピープル&ディベロップメントを歴任しました。その前職としてTeva Pharmaceuticals, RR Donnelleyで業務経験があり、人事コンサルティングでの豊富な経験を有しています。Fairleigh Dickinson Universityでソーシャルワークにおける心理学の学位を取得し、ODCPとSPHR, SHRM-SCPの資格を保有しています。

Luc St-Onge (Ph.D.)

グローバルS&Mヘッド 兼 BDヘッド(ドイツ)

Luc St-Onge (Ph.D.)は、Sales and MarketingのグローバルヘッドおよびMinaris Regenerative Medicine GmbHのBusiness developmentヘッドです。25年以上にわたるBDの経験を持つ実績あるビジネスリーダーです。Lucは2017年9月にapceth Biopharma GmbH(現Minaris Regenerative Medicine GmbH)の事業開発・ライセンス部門の責任者として入社し、2020年4月にSales and Marketing部門のグローバル責任者に就任しました。役割としては、全世界のBusiness DevelopmentおよびMarketingチームを率いて、調和の取れたSales and Marketing活動を企画・実施し、顧客獲得や契約交渉においてリーダーシップを発揮することにあります。また、欧州およびグローバルコミュニケーション戦略も担当します。Minaris(ドイツ)に入社する前は、Ganymed Pharmaceuticals AGがアステラスに買収された際にGanymed Pharmaceuticals AGでBD部門の責任者、Affectis Pharmaceuticals AGの最高ビジネス責任者などを務めました。また、バイオベンチャー企業ARRIDAD Therapeutics S.L.の共同設立者でもあります。Lucは分子生物学者でもあり、カナダSherbrooke大学でPh.D. in Microbiologyを取得しています。

Jacqueline Veivia-Panter(MBA)

Vice president(北米), グローバルQualityヘッド

Jacqueline Veivia-Panter(MBA)はMinaris Regenerative Medicine, LLCの副社長であり、Minaris Regenerative MedicineのグローバルQualityヘッドです。この役割において、同社の統合されたグローバル品質戦略およびHealth Authority規制を担当しています。Minaris Regenerative Medicineの品質戦略がグローバルで実行可能な方針、プロセス、研修プログラム、組織構造に確実に転換されるようにするとともに、ガバナンスプロセスの実施と品質管理システムの有効性を監視する責任を担っています。当初、20年以上の実績を持つHitachi Chemical Advanced Therapeutics Solutions(現Minaris Regenerative Medicine, LLC)に入社し、2019年10月からニュージャージー州アレンデールの品質サイト長を務め、2021年10月、グローバルQualityヘッドに任命されました。前職ではLegend BiotechのGlobal Quality and Compliance/一時的ITヘッドのシニアディレクターを務め、Celgene、Abbvie/Abbott、BlisTech Corporation、Pfizerなどの企業の品質担当を歴任しました。また、独立した品質コンサルタントとしての勤務経験も有しています。Parretal Drug Association (PDA)の規制および品質諮問委員会の議長でもあります。マルケット大学でメディカルテクノロジーのB.S.を取得。ニュージャージー工科大学でMBAを取得しています。

村田 寿

シニアディレクター, オペレーションストラテジー(北米)

村田寿はMinaris Regenerative Medicine, LLCでオペレーションストラテジーを行うシニアディレクターです。その役割は、コーポレート戦略イニシアチブの整合性を確保し、意思決定の迅速性と機動性を高め、前進するための障壁を取り払い、事業部門や機能を超えた統合の強化を加速させる責任を担います。最高執行責任者(COO)に対し、複数企業の業務全般にわたり、一貫した質の高い業務執行を確保するための戦略的な洞察を提供します。

前職では、日立製作所ヘルスケア事業部に所属し、PET (Positron Emission Tomography : 陽電子放出断層撮影)治療薬の分野で15年の経験を持ち、製造、品質保証、事業開発、研究開発などで豊富な知識と経験を有しています。九州大学で原子力工学の学位を取得しています。