About Us

Minaris Regenerative Medicineは、再生医療等製品に特化した世界有数の医薬品製造受託機関(CDMO)です。 これまで20年以上にわたり、価値ある製法開発および治験薬/商用製造を通して、当社が持つノウハウや技術をお客様に提供してきました。

我々のビジョン:Creating Future Cell Therapy Miracles Together

Our Team Expert smiling

20年以上の価値ある実績

米国(北米)・欧州(ドイツ)・アジア(日本)に拠点を置く当社の最先端施設では、世界中の病気に苦しむ方々に向けた画期的な再生医療等製品を製薬企業やベンチャー企業に代わって製造を行います。

この業界のパイオニアとして、当社は大手製薬会社からバイオテクノロジー企業また学術業界に至るまで、国際的なネットワークを通じて確固たる関係性を築いてきたことを誇りに思います。

当社が持つ「お客様が中心」という考え方は、個別のお客様が持つ特有のニーズや課題に対してワールドクラスのサービスを提供するようにデザインされています。 当社の目標は、お客様が求める専門知識、戦略、チームワーク、効率性、アクセシビリティを提供することにより、お客様のチームの一員(パートナー)と見なされることです。

当社は、画期的な再生医療等製品を世界中の病気に苦しむ方々への普及に貢献します。

グローバルカタログはこちらから

当社のミッション: We commit our experience to our clients, by providing global manufacturing services, development solutions, and technologies for cell and gene therapies to improve society’s well-being.

グローバルネットワーク

Minaris Regenerative Medicineは昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業のブランドであり、グローバルに事業展開しています。
我々のグローバル施設について

米国

Minaris Regenerative Medicine, LLCは、ニュージャージー州アレンデールおよびカリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置き、1999年にProgenitor Cell Therapy, LLC(PCT)として設立。Hitachi Chemical Advanced Therapeutics Solutions, LLC(HCATS)への社名変更を経て、

2020年より現社名。

欧州

Minaris Regenerative Medicine GmbHは、ドイツのミュンヘンおよびオットブルンに拠点を置き、apcethBiopharma GmbHとして2007年に設立。

2020年より現社名。

アジア

Minaris Regenerative Medicine 株式会社は、横浜に拠点を置き、昭和電工マテリアルズ株式会社(旧日立化成)として2018年に操業を開始しました。

2021年8月に分社化し、現社名。

“Minaris”は、「未来」を意味する日本語の“ミライ”と、「素晴らしい出来事」を意味する英語の“ミラクル”に由来しています。 当社の社名は、常に限界を押し広げ、当社が製造する製品を通して将来の奇跡を提供するという当社のコミットメントを表しています。

リーダーシップ

当社のグローバルリーダーシップチームは、再生医療業界およびヘルスケア業界の経験豊富なメンバーで構成されています。

古石 和親(Ph.D)

理事/事業部長, 昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部、兼CEO, Minaris Regenerative Medicine, LLC (北米)

古石和親Ph.D.は、昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部の事業部長/理事であり、2020年4月よりMinaris Regenerative Medicine, LLCのCEOを務めています。熊本大学 薬学部で10年近く研究(生化学、ウイルス学、腫瘍学)と教育に従事した後、世界有数のグローバルライフサイエンス企業で17年以上の実務経験があり、グローバル組織で上級管理職を務めています。また、製薬企業とGMP / GLP管理下での研究開発と製造および体外診断用医薬品向け遺伝子タイピング試験の事業開発活動に携わった6年近くの経験もあります。 2015年、CROおよびCMO事業の事業開発、米国コンサルティング会社のライフサイエンス市場でのリエゾンを目的として日本でコンサルティング会社を設立しました。 2017年から日立化学株式会社 再生医療事業部門副部長を歴任。さまざまな活動を通じて再生医療の産業化に携わってきております。1999年に熊本大学でPh.D.(薬学)を取得しています。

坂東博人(Ph.D/MBA)

副事業部長, 昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部、兼CEO, Minaris Regenerative Medicine Co, Ltd. (日本)

坂東博人Ph.Dは、昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部門副部長であり、2021年8月よりMinaris Regenerative Medicine Co, Ltd.のCEOを務めています。グローバル事業開発活動のサポートとグローバルなリーダーシップと事業戦略策定を担当しています。製薬業界で長年の実績を有しており、武田薬品工業で22年近くのキャリアを積み、2016年から2018年にかけて同社再生医療ユニットのシニアディレクターおよびCell manufacturing strategyのグローバルヘッドなど様々な責務を果たしてきました。最近では、富士フイルム医薬品部門のシニアマネージャーとして2年間従事し、富士フイルムがVLP治療用のCOVID-19ワクチンを製造するという大きな契約を獲得した実績を持っています。京都大学でPh.D.(薬学)を取得。テキサス大学薬学部で博士研究員を務めました。大前研一経営大学院でMBAを取得しています。

Dusan Kosijer

グローバルCFO, 昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部、兼 CEO, Minaris Regenerative Medicine GmbH (ドイツ)

Dusanは、昭和電工マテリアルズ株式会社再生医療事業部門グローバル最高財務責任者(CFO)です。ドイツのフランクフルト近郊に本社を置く開発業務受託機関(CRO)であるAccovionGmbHのCFOを歴任し、2016年から同社CFOです。2020年からMinaris Regenerative Medicine GmbH(旧apceth Biopharma GmbH)のマネージングディレクターを務めています。また、トレーニングにより公認管理会計士であり、ヘルスケア分野で15年以上の実務経験を有しています。

Jo Anne Valentino

グローバルQualityヘッド, 昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部、兼 副社長, Minaris Regenerative Medicine, LLC (北米)

Jo Anne Valentinoは、昭和電工マテリアルズ株式会社 再生医療事業部門のグローバル品質保証責任者であり、Minaris Regenerative Medicine, LLCの副社長です。 Jo Anneは、これまで企業合併や買収に伴うビジネス移行などの困難なコンプライアンス環境で成功を収めた卓越した品質保証のシニアリーダーです。

Jo Anneは、2019年1月からグローバル品質保証責任者として、全体的なグローバルビジネス戦略と各拠点の規制当局の規制・指導に沿って、グローバルで統合した品質戦略の立案とリードする責務を負っています。また、我々の品質戦略がグローバルおよびローカルでの実行可能なポリシー、プロセス、トレーニングプログラム、および組織構造に正しく移管されることを保証し、品質管理システム実装の有効性を監視するためのガバナンスプロセスのアカウンタビリティを有しています。

Jo Anneは、7年以上にわたり、ノバルティスで勤務していました。直近では、南北アメリカ地域の外部供給業務の品質責任者、エグゼクティブディレクターを務めていました。

 Novartis以前は、Merck、Schering-Ploughでオペレーションと品質関連業務に従事し、ReckittBenckiserでは製品とプロセス開発において指導的立場にありました。スティーブンス工科大学でM.D(経営学)を取得しています。